夜勤の無いカラダに優しい生活を目指す

JASCON

カラダに優しく働きたい。Don't Think! Feel!

レッドウィング入門!買って正解!定番品!

 どうも!こんにちは。ブログ初心者のJASCON@jackjas41です。

 このページをご覧頂いているということは少なからずレッドウィングに興味を持っている・またはこれからレッドウィング製品の購入を考えている方々だと思います。

そこで今回は私も愛用しておりレッドウィングと言えばコレ!と自信をもってオススメするレッドウィングNo.101 ポストマンシューズについて知っている範囲で簡潔に紹介させていただきます!

 

〇ポストマンシューズって何?

まずはこちらをご覧ください。

こちらがかのレッドウィングのポストマンシューズ。 

元々はアメリカで郵便局員または警察官の方々の仕事靴として造られたものなんだとか。仕事用であり仕事柄かなりの耐久性と機能性を備えてなければいけないということから耐久性・機能性どちらをとっても申し分のないポテンシャルを持っています。

見た目は上記のことからシンプルですね。

 

〇おすすめポイント

 この記事のタイトルにもありますがレッドウィング60年の歴史の中で今もなお愛され続けているポストマン。一体ポストマンのどこが愛されているのかご説明します。

 

・長時間歩いても疲れにくい!ラクショントレッドソールのクッション性

ポストマンシリーズでおなじみの軽量かつフラットなソール。元々はアメリカの住宅庭に芝生が多く芝生を傷めないようにということからフラットでとっかかりのないソールへと仕上げているが現代でも申し分ない機能性を兼ね備えている。

 

・磨くほどに光沢が増すシャパレルレザーを採用

ひと昔前は今のレザーと違いガラスレザーよりで皺が入った部分に細かなヒビ割れをきたしていたそうですが現在はよりマットでソフトな質感の革質へと変化している様子。

購入当初はのっぺりした印象で光沢もなくかっこ悪いがクリームで磨けば磨くほど履けばはくほど足に馴染み光沢が増しフォーマルスタイルにもしっくりくる万能なレザーとなっている。

【購入して約1か月のポストマン】
主に梅雨~夏場の時期に一日おきに着用。2~3回ほど磨いてクリームを入れた状態。それだけでも皺が入り光沢感が出てきている。こういった革の表情・質感の変化を楽しめるのもレッドウィング製品の魅力のひとつ。

 

〇気になるお値段は?

¥38,500 本体価格¥35,000(2022.7.20時点レッドウィング公式サイトより)

決してお安い値段とは言えません。私も子3人の家庭持ち。子育て真っ最中で何かとお金のかかる時期。かなり購入を迷いましたがレッドウィングは永く履き続けられる・

有料ではあるがソール交換をすることでスニーカーと違い履き続けられることから頻繁に靴を買い替えるよりは安い!と決心して購入。今ではとても満足しています:-)

 

〇まとめ

  • ポストマンは耐久性・機能性ともに申し分なし!
  • 手入れすることで経年変化をより楽しめる!

以上、簡潔ではございますがレッドウィング ポストマンの紹介をさせていただきました。ブックマーク・シェアをよろしくお願いします。

ブログ初心者ということもあり言葉足らずなこともあると思いますがYouTubeでもポストマンについて熱く語ってもいますので下記より是非ご覧ください!!!

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com